●市民参加でまちづくり

   

   

   市民参加型まちづくりって何だろう?     

     これまでの行政にサービスを提供してもらう ”受身のまちづくり” に対して、市民力による「出来ることから

    やってみよう」という ”積極的なまちづくり” のことです。

    ①直接関わる方法

      まちづくりにおける具体的な役割を担います。例えば、自治会、PTA、まちづくりNPOなど、グループの

     メンバーとして活動することです。また、市民会議等に積極的に参加して、自分の意見・アイディアを発信する

     などです。    

    ②間接的に関わる方法

      行政などが発信する市政・まちづくり情報について、日頃から注意深くモニター・評価を行い、それらに対し

     て適切な判断ができる” 考える市民 ”であることです。

 

 

   なぜ市民参加型まちづくりなの? 今までどおりの行政主導型でいいんじゃないか・・・

     行政主導のまちづくりでは、我々の社会が直面する課題と市民の様々な要望に、対処することができない

     限界的な状態だからです。

     まちづくりに参加する市民の知恵とマンパワー、そしてこれまでにない取組み方法によって、行政主導型まち

    づくりの限界を、超えることができるかもしれません。 

   

   市民参加型まちづくりはどんないいことがあるの?

     市民参加型まちづくりには、次のようなメリットが考えられます。

    ① 市民の知恵、経験、マンパワーを活用できる。異能の人財を発見できるかも・・・

    ② 民間企業の経営的な感覚が、まちづくりに生かされる。

    ③ 市民の交流が盛んになり、地域の結びつきが強まる。        

 

 

   いいことばかりじゃなくて、悪いこともあるんじゃない?

     市民参加型まちづくりには、次のようなデメリットが考えられます。

    ① 日々忙しい自分の時間と労力を提供しなければならない。 ⇒ その代わり、充実感と達成感は格別です! 

    ② せからしい人間関係で神経を使うことも・・・ ⇒ こだわり過ぎず、良い加減のバランス感覚が大事です!

    ③ プロ的市民活動家に振り回されることも・・・ ⇒ 市民力を高めて対抗しましょう!

   

   

なにより、

自分でやるからこそ

おもしろいんです!

© 2023 by WRITERS INC. Proudly created with Wix.com